自動ロボット【KEENON】登場

上海擎朗智能科技有限公司(KEENON)は業界トップのロポット製造企業及び配膳口

ポットの開発者です。世界の飲食配膳ロボット市場の占有率は80%に達し、市場の先頭

に立っています。

 

今まで、会社は10000以上のお客様にサービスを提供いたしました。製品は飲食、医療、ホテ

ル、競技施設、オフィス、老人ホーム、空港などに導入。また、KEENONロボットは米国、ドイツ、カナダ.スペイン、イタリア、ギリャ、ベルギー、日本、韓国、シンガボールなど国や地域まで販売されています。本日は自動ロボット【KEENON】についてご紹介させていただきます。

〇こんなお悩みはありませんか・・・?

・人件費が高くなってしまった

・仕事の効率が悪いと感じる

・コロナの影響を受け、人員確保が難しい

 

〇導入効果

・人件費を削減

365日休むことなく稼働します。ピークタイムでも安定して働くため、安心してお任せいただけます。

・生産性向上

「配膳」「下膳」は、ロボットにお任せ。スタッフが接客に集中できる環境を作ることでサービスクオリティの向上に繋げます。

・非接触の実現

スタッフの介在を極力減らし、ロボットによる非接触の運搬接客で安心をご提供します。

〇導入事例

幸楽苑ホールディングス様

配膳ロボットPEANUTが導入されました。

新型コロナウイルス感染症の対策として、非接触型の配膳を自動化し、店舗スタッフの負担を軽減することでサービス中心の働き方へシフトできることから、今回試験導入というかたちで採用いただきました。

・サンマルクグループの株式会社バケット様

「バケット」「ブレッドガーデン」にてPEANUTが導入されました。

焼き立ての美味しいパンとお料理をPEANUTがお届けし、お手伝いしています。PEANUTのお仕事ぶりを見ながら美味しいパンをお召し上がり頂けます。

・ワタミ株式会社様

「焼肉の和民」へ導入されました。

現在新型コロナウイルス感染症のため、お客様とホールスタッフの直接的な接触機会が減少し、感染予防対策の有効手段になっています。

〇最後に..

コロナ禍でウイルス感染が広がる中、ロボットの活用は感染リスクを伴う対面・接触を防ぐことができるため感染拡大を抑えることができます。

人員不足や人件費で悩んでいる企業が多い今、最も活用が期待されるポイントです。

 

株式会社 斐然商事

メールアドレス:support@izenshoji.com

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注