配膳ロボット導入で業務効率化だけでなく、ワクワク感も。

近年の動向を踏まえて、人手不足の背景と今後必要とされる方向性、お客様へのサービスについて考察した。

移動距離と時間を減らせたら、その分を接客に当てられるので、お客さまにもっと良い体験を提供できるのではないかと考えました。

実際に配膳ロボットを導入したことで、スタッフは人間でなければできない接客にあてる時間を増やすことができ、お客さまのワクワク感が創出できます。また配膳ロボットがコミュニケーションツールとして一役買ってくれるなど、さまざまな可能性が実現できました。

 

大人は「ロボットが働いているんだ」と、子どもの頃に見た未来のロボットとServiを重ねていらっしゃるようです。

一方、お子さまは、ワクワクしながら、配膳ロボットに触ったり、追いかけたりしています。

テーマパークのアトラクションに近い感覚かもしれませんね。

また操作が簡単なので、配膳ロボットをキッチンに戻す時にはボタンをひとつ押すだけなのですが、

お子さまに押してもらうこともあります。

 

これらを使ってもっと場面に応じた適切なコミュニケーションがとれるようになれば、さらにお子さまに喜んでもらえるようになると思います。

 

新型コロナウイルスの中外出が厳しい状況ではございますが外食を今まで以上に楽しむことができ、

少しでも素敵なお時間をお過ごしいただけると幸いです。

 

株式会社 斐然商事

メールアドレス:

support@izenshoji.com

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注