なぜ中国で配膳ロボットが普及したのか?

配膳ロボットなどのサービスロボット市場は、中国が世界を牽引していると言っても過言ではありません。

 

ここでは中国で普及している配膳ロボットの状況や、世界に先駆けて普及が進んだ理由、ロボットが調理・配膳まで行う全自動レストランについてまとめました。

 

中国では2017年に無人店舗のブームが起こりました。当時は見世物的な扱いとなっていて実用性には乏しく、翌年2018年にはかなりの店舗が閉店しています。それでも技術の研究は続き、2019年には中国でのサービスロボットの成長率は33.33%、世界市場に占める割合も23%となっています。配膳ロボットを含むサービスロボット市場は、中国が牽引していると言っても過言ではありません。世界的にコロナが流行していることも、その成長を後押ししています。

中でも「KEENON ROBOTICS(擎朗智能科技)」という配膳ロボットの開発メーカーは、「中国飲食企業100強」のうち65%をカバーしているといいます。中国で人気の火鍋専門店など、多くの飲食店がKEENONの配膳ロボットを利用しており、ホールサービスを担当しています。

 

配膳ロボットは中国だけでも5,000台以上、世界では6,000台以上が活躍しています。

移動速度もあえて遅めに設定してあることもあり、事故は1件も発生していません。

 

今後の発展に大変期待されています。

 

商品に関するお問合せ

お問い合わせ – KEENON (keenonrobot.co.jp)

 

株式会社 斐然商事

メールアドレス:support@izenshoji.com

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注