会社案内

我々について

上海擎朗智能科技有限公司(KEENON)は業界トップのロボット製造企業及び配膳ロボットの開発者である。世界の飲食配膳ロボット市場の占有率は80%に達し、市場の先頭に立っています。

2010年に会社を設立した。本社を上海に置き、中国国内で20以上の支社を設立した。先進的な自動ロボットと人工知能技術を利用して、実用的なソリューションを提供する。各業界・各企業の業務の効率化全世界にさらに貢献していきます。

今まで、会社は10000以上のお客様にサービスを提供した。製品が飲食、医療、ホテル、競技施設、オフィス、老人ホーム、空港などに導入されている。また、KEENONロボットは米国、ドイツ、カナダ、スペイン、イタリア、ギリシャ、ベルギー、日本、韓国、シンガポールなど国や地域まで販売さている。

技術の沿革

2011年

教育ロボットを販売

2013年

協働ロボットを研究することを始める

2014年

第一代軌道レストラン配膳ロボットを販売

2015年

第二代のレーザーナビゲーションの配膳ロボットを販売

2016年

第三代の配膳ロボットPeanutを販売

2018年

カスタマイズロボットと下げ膳ロボットを販売し、海外市場へ進出

2019年

配膳ロボットのT5、T6を販売

2020年

医療配送ロボットM1と消毒ロボットM2を販売24時間無人喫茶店及び日本初のスマート図書館に導入

取引先

今まで、KEENONロボットは中国国内の500以上の都市で販売。米国、カナダ、イギリス、スペイン、ドイツ、イタリア、ギリシャ、ベルギー、デンマーク、ハンガリー、タイ、ニュージーランド、オーストラリア、韓国、日本、シンガポール、ドミニカ共和国、アラブ首長国連邦等にも輸出している。

0 +
海外・国内アフターサービス
&運営センター
0 +
従業員数
0 %+
世界の飲食配送市場シェ
0 +
取引先
0 +
国と地域

株式会社斐然商事

〒100-0004 東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル2階